topimage

2011-02

Tカンパニー製 激光室内灯の続き - 2011.02.27 Sun

こんばんはー。商品管理 k です。

名古屋から帰ってきたら関東は寒さが戻っていました、、、寒いです。
さてさて先日ご紹介させていただきました室内灯ですが、ここで詳しくご紹介いたします。

製品名は「激光室内灯」!その名の通り非常に明るく点灯します。
001_20110227011538.jpg

サイズ的にはトミックスさん・マイクロエースさんの幅狭になっています。
幅広の場合もスプリング部分を若干広げて接点部分にあてれば大丈夫です。
またシート状の基盤を使用していますので、形状にあわせて貼り付け可能です。車両以外にもストラクチャーの照明にも応用できそうです。
(他特徴は前日のブログもご覧くださいませ)

Nゲージ用と考えていたのですが、いろいろと応用が利く室内灯です。前日の記事でも書かせていただきましたが、HO(16番)への取り付けを個人的にはお勧めしたいです。

ここでトミックスさんのHOへの取り付け手順をご紹介させて頂きます。
HOの場合は1両につき激光室内灯を2本使用します。

まず室内灯を貼るベースを用意します。製品には付属していませんので各自用意する必要があります。
写真の物はよく商品が梱包されているブリスターパッケージから切り出しました。
002_20110227011538.jpg
室内灯を両面テープでベースに固定します。

TOMIXさんのHOは屋根を外して上部から取り付けます。
003_20110227011537.jpg
集電スプリングを車体床下から出ている電極に被せるように取り付ければOKです。

点灯を確認したら室内灯が動かないようにマスキングテープで固定します。
004_20110227011536.jpg
屋根部分をボディに戻して完成です。

比較画像
005_20110227011536.jpg
上がTカンパニー 激光室内灯
下が純正品です。


続いて24系 基本的な流れは同じです。
006_20110227015923.jpg

ただし24系(14系)は方向幕用のプリズムが車両の片側に存在しますので
008_20110227011453.jpg
この場合は集電スプリングを先に車両側に取り付けます。

ちょうどプリズム部分にLEDが1灯あたりますので、方向幕部分が明るく点灯します。
009_20110227011452.jpg

455系にも取り付けてみました
010_20110227011452.jpg

Nゲージの場合もベースを作成しベースに室内灯を貼りつければ、屋根に貼りつけるよりも比較的簡単につけることができます。
011_20110227011451.jpg
比較
012_20110227011450.jpg
左が激光室内です。


現在一部店舗(秋葉原・相模原・大宮・千葉)にてテスト販売をしておりますが、おかげさまでほぼ完売となりました。
3月中~下旬にかけて本格導入となる見込みです。今回は1本入りのみでしたが、6本入りパッケージも同時発売予定です。


また、4月29日(金)祝日に浜松町都立産業貿易センターで開催される「第8回鉄道模型市」に出店予定です。
当日は激光室内灯のHO点灯サンプルの展示と販売を予定しておりますので、どうぞお越しくださいませ。
イベント概要など詳しくは主催をされております
トラムウェイさん http://www.mmjp.or.jp/tramway/event/event.html
さかつう鉄道模型店さん http://www.sakatsu-h.net/event.html
をご覧ください。


それではここまでご覧頂きましてありがとうございましたm

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

鉄道部 商品管理担当

Author:鉄道部 商品管理担当
タム・タム鉄道部 商品管理担当が鉄道模型の情報と、その他いろいろお送り致します。

最新記事

カテゴリ

ご予約開始のお知らせ (235)
商品入荷のご案内 (208)
KATO セールスミーティング (32)
TOMIX 商品説明会 (17)
ホビーショー・見本市 (18)
模型制作 (18)
未分類 (78)
製品紹介 (168)
店舗案内 (58)
実車 (14)
イベント・催事 (43)
実務作業 (15)
お知らせ (108)
実車・風景 (13)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター